更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2009 081234567891011121314151617181920212223242526272829302009 10

【  2009年09月  】 

火星物語 小説 『無題』

火星物語 小説

2009.09.02 (Wed)

 フォボスとセイラの子供が語り役です。ある日、不思議な若い男女に会った。橙の髪と翡翠の瞳のお姉さんと鳶色の髪に真紅の瞳のお兄さん。二人とも美男美女で、とても古風な服を着ていたんだ。誰も知らない秘密の遊び場で会ったんだよ。二人とも、どこかお父さんに似た気配を…風を纏っていたんだ。初めて会った時から、なぜか彼女達に会うのが楽しみになって毎日通ったよ。風の話。滅びた王国の話。忍者の話。色んな話を聞かせてく...全文を読む

DB パラレル 未完 『螺旋』1―4

未完

2009.09.06 (Sun)

 注意悟空が別人です。性描写らしきものがあります(…満たないかも)人気のない川辺で、悟空とチチが星々が降ってくるのではないかと錯覚するほどの星空を見上げていた。チチが見惚れるような笑みを浮かべ「悟空さ。ここまでオラの我侭に付き合ってくれて、ありがとうだ」「…いや、大したことじゃねぇよ」「チチ。何でそれ着て町ん中歩こうと思ったんだ?」チチが頬を赤らめて、悟空から顔を逸らして星空を見上げた。「独身最後のデ...全文を読む

DB パラレル 未完 『螺旋』1―5

未完

2009.09.06 (Sun)

 暗い夜道の中、重い足取りで寮までの道を歩いていく。落ち込みながらも、思考は先程の事へと向かっていく。何故、チチにあんな事をしたのか、自分でも分からない。あの時、強い衝動が湧き上がって…まるで意識を誰かに乗っ取られたかのように、体が勝手に動いたのだ。そこまで考えて、自己嫌悪に陥る。―明日、チチに謝らねぇとな…。とはいえ、チチが会ってくれなければ話にならない。いつもは周りが呆れるほどの前向きな志向の持ち...全文を読む

DB パラレル 未完 『螺旋』1―6

未完

2009.09.11 (Fri)

 注意及び警告残酷表現があります。グロテスクな表現があります。流血表現があります。死ネタがあります。それでもよろしければ下へスクロールしてください。警邏隊が連続殺人犯を捕らえるために、町中を虱潰しに探している時にこんな強硬手段をも辞さない調べ方では、住民の反発を招く。ただでさえ混血の悟飯が警邏隊の隊長を務めているのだ。サイヤ人排除主義の連中に警邏隊そのものが根強い反発を受けているというのに、これでは...全文を読む

重大告知・創作方針

お知らせ

2009.09.16 (Wed)

 突然の事ながら、諸事情によりこれからはDBはパラレル以外の話はオリジナル要素を弱くしたものを…なるべく原作に近い話を載せていきます。オリジナル要素が強すぎて不快に思われた方々には深くお詫びします。ひとまず『IF』シリーズやパラレル以外でオリジナル要素の強すぎる話は下げさせていただきます。...全文を読む

火星物語 未完 『短き生涯』

未完

2009.09.21 (Mon)

 23話~24話の間の時期です。セイラ→フォボス要素強めの、クエス←フォボス→サスケ前提です。夢を見た。それは僕にとって”悪夢”そのものの最悪な光景で、幾ら眼を閉ざし、耳を塞いでもそれは執拗に僕を責め立て続ける。とうとう心が耐え切れなくなって、魂切る悲鳴と共に夢から覚めた。それが、切欠だった。*秋も終わりに差し掛かり、冷たさを増した風に吹かれた花々が揺れる。その中でセイラが丁寧に花を手折りながら、籠の中...全文を読む

DB パラレル 未完 『螺旋』1―断章

未完

2009.09.22 (Tue)

 悟空が悟飯に引き取られた時の話です。副題 『運命の子』俺達兄弟は、サイヤ人の血を引いているというだけで”人間”として扱われなかった。蔑まれ、迫害という名の”イジメ”に遭い続け、人間としての尊厳を踏み躙られていた。死んだほうが遥かにマシだという生活の中、ピッコロさんに支えられて守られて、悟天を支えて守りながら、俺は両親と約束した夢…学者になるという目標のために、頑張ってきた。奪われる前の幸せだった…あの時...全文を読む

火星物語 小説 『フォボスの料理特訓』1

火星物語 小説

2009.09.23 (Wed)

 EDから数年後が舞台です。目の前にあるのは、見るからに食欲をそそる美味しそうな料理。だが、その実態は…。*セイラが机の上に並べられた料理から、膝の上に視線を落とす。そこにいたのは一匹のあろまん獣。毒見をさせられ、泡を吹いてぐったりしているアロマ村のシンボルをその目に映す。「……フォボス。これは、何ですか?」無表情で放たれるのは、淡々とした言葉。セイラから漂うのは、凍えるほどに激しく恐ろしい空気。すっ...全文を読む

DB パラレル 未完 『螺旋』 VBスピンオフ 

未完

2009.09.27 (Sun)

 『螺旋』 スピンオフ ~BV~副題『出会い』注意ベジータとブルマは同い年です。――時代はサイヤ人狩りの初期に遡る。数十年前、まだ二人が出会った頃。”螺旋”の始まり付近に。十代前半の一人の少女…青い髪に青い瞳の美少女が焦土の中をエアバイクで進んでいく。彼女の名前はブルマ。中央都市に本社を置くカプセル・コーポレーションの社長令嬢だ。カプセル・コーポレーション―通称C.C社は世界中で出回っている機械や発明の殆...全文を読む

火星物語 小説 『お題3』

火星物語 お題

2009.09.29 (Tue)

 お題 27話 『風のいない宇宙』舞台フォボス達が宇宙に行った後注意藍色の風→フォボス要素があります。クエス←赤の風→サスケ要素もありかも…藍色の風が遥か彼方を見上げる。彼女の目に移るのは空でなく、大事な風使いがいる宇宙。「……フォボス……。 どうか…無事に帰ってきてください……」目を閉じて、両手を胸元で組んで、ひたすら彼の無事を祈る。本来なら、今すぐにでもフォボスの元に行き、風から完全に遮断されて不安に思っ...全文を読む

前月     2009年09月       翌月

Menu

最新記事

検索フォーム