更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2009 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 02

【  2010年01月  】 

『加筆修正録』

お知らせ

2010.01.01 (Fri)

 このコーナーは小ネタの加筆修正した日付の記録を載せていくコーナーです。そもそも小ネタというのは未完で、話の流れが分かる程度のものしか置いていませんでした。公開してから少しずつ修正して、完成したら小説のコーナーに持って行くという方針なのです。いつ、どの話を加筆修正したのかわかるように、このコーナーを立ち上げました小ネタについてはこちらをご覧くださいここにも書いてある通り、小ネタにおいてあるのは加筆修...全文を読む

あけましておめでとうございます

お知らせ

2010.01.01 (Fri)

 新年明けましておめでとうございます昨年は、小説が増えずに小ネタばかりがどんどん増えましたが、今年こそは小ネタの掲載物を小説へ移行できるように頑張りたいです。結局、書く予定だった話も書けずじまいでとんどん雪だるま式に溜まっていきましたが…どんなに遅くなっても書く予定です。書きたい話は山ほどありますが、話として纏まり次第公開します。...全文を読む

DB パラレル 未完 『螺旋』 VBスピンオフ 番外編

未完

2010.01.05 (Tue)

 『大切な人=親?妻?』注意ベジブルは十代後半です。オリキャラ要素が非常に強いです。行為の後の会話なので、性的なニュアンスを含む描写や台詞があります。螺旋のVBスピンオフシリーズのネタバレを多く含んだ内容になっています。行為の後の気だるい体、夜の静寂に包まれた二人だけの空気。その中では普段言えないこと、聞けないことなどが、口から出る事もある。例えば…「ねぇ、ベジータ。あんたっていつも叔父さんの事ばか...全文を読む

火星物語 未完 『Liar』

未完

2010.01.10 (Sun)

 サスクエ前提でフォボス→クエスです。(ほんのりフォボス→サスケ要素もあるかも?) クエスとサスケに身体関係があるという前提です。 この話ではフォボスにとってセイラは仲のいい友人という扱いです。 副題『嘘に乗せる真実』 僕はずっとあの人が好きだった。 あの人のためなら、何でも出来る…そう思っていた。 一緒にいる間、あの人の足手纏いにならないように、特訓と勉強をしてきたんだ。 あの人には、もう好きな人がいる。 ...全文を読む

300ヒット記念

お知らせ

2010.01.16 (Sat)

 カウンターで300ヒット越しました!!これも来て下さる皆様方のお陰です!!この数日ネットが出来ない状況だたのでわからなかったのですが、昨日300ヒットに達してました。200ヒットでの予告通りDBで何かを…と思ったのですが、100ヒット記念や200ヒット記念が殆ど以前に全く出来ていない状況に危機感を覚えました。このサイトはDBと火星物語がメインですが、それでもブログサイトを立ち上げて十ヶ月近く経てい...全文を読む

ゾイド パラレル 『光と影』 説明

その他

2010.01.16 (Sat)

 バン・フィーネとレイヴン・リーゼの立場が異なっていたら…というシリーズです。光(バン・フィーネ)が影になり、影(レイヴン・リーゼ)が光になったら…という意味合いから、『光と影』という題をつけました。レイヴンの両親は亡くならずに、レイヴンとリーゼは幼少期に出会い、リーゼがレイヴン一家の養女になって一緒に暮らすとか…バンとフィーネの出会いとその時期はアニメと同じですが、フィーネが共和国に浚われ、バンがそ...全文を読む

BOF3 小説 『竜と兎の虎争奪戦』1

その他

2010.01.16 (Sat)

 注意ティーポ→レイ←モモのレイ争奪戦です。ティーポとモモのキャラが壊れています。舞台 エデンでのティーポ再会時にてモモが唖然とした面持ちで眼前の人間模様を見つめていた。昔はリュウから、そして最近ではレイがポツリポツリと語った話では、彼らの兄弟のティーポという人物は大層なブラコンで、レイが一番大好きな少年だったという。彼に対する独占欲は凄まじく、弟であるリュウ以外の人間。それも女が近づこうとすれば、様...全文を読む

DB パラレル 未完 『螺旋』2―断章

未完

2010.01.26 (Tue)

 悟飯と悟天がピッコロに引き取られる切欠となった話です。 俺と悟飯との付き合いは非常に長い。あいつが生まれる前…母親が子供の頃からの付き合いだ。 あの少女はとても明るくて、よく笑って、元気で近くにいるだけで心を暖める春の太陽のような存在だった。 悟天は育った環境のせいであまり表には出ていないが、しっかりと受け継いでいるのに対し、悟飯はその性質を全くという程受け継いでない事はとても残念だ。 誰からも好かれ...全文を読む

DB パラレル 未完 『螺旋』3―1

未完

2010.01.30 (Sat)

 退院してから一ヶ月。何かしらの進展、もしくは薬の情報を得られるかもしれないという期待を抱き、悟飯に尋ねる。「そういえば悟飯。記憶回復何とかってのは、どうしたんだ?」「記憶回復促進薬…通称subvenire(スーベニア)だ。 ……残念だが、それはまだ入手できていない」「えー!!まだ手に入れてないのか!?」非難めいた口調で言う悟空に、悟飯が苛立ちを抑えながら「…脳味噌が筋肉で戦う事しか取り柄のない悟空にはわからな...全文を読む

前月     2010年01月       翌月

Menu

最新記事

検索フォーム