更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 051234567891011121314151617181920212223242526272829302013 07

【  2013年06月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

『短文集』16

短文

2013.06.17 (Mon)

 現在掲載しているジャンルと掲載数です。聖剣伝説HOM  2Ib  1聖剣伝説3  3聖剣伝説2  4『嗜好の違い』「何故”これ”を作ろうと思ったんだ?」「この前も言ったとおり、子供のための習慣は多い方がいいだろう」作りかけの物体を指し示しながら尋ねたゼファーに、シルフが手を動かしながら答えた。――以降ゼファーが気で読み取ったシルフの心から推察した本音――『こんなに可愛いのに、このまま廃れさせるなんてとん...全文を読む

聖剣伝説HOM 『短文集』 2

聖剣伝説3(HOM)

2013.06.17 (Mon)

 短文集に掲載している「聖剣伝説HOM」の話が20個以上になりましたので、その分を纏めてこちらに掲載します。尚、此処に掲載する話は『短文集』にあるものを一部修正したものです。参照『短文集』9~12、14~16『短文集』9『父子の本音』「赤ちゃん、お兄ちゃんに似ていたらいいね」ポツリと呟かれた幼子の言葉に、珍しいこともあるものだと思った。イーグルは年の離れた異母姉をよく慕っているのに。「お父さんは、ど...全文を読む

聖剣伝説HOM 未完 『黒い兎』

未完

2013.06.30 (Sun)

 注意オリジナル設定があります。ロジェが可哀想な目に会ってます。HOMの5年後で、ロジェ、ユリエル、テケリの三人旅です。鬱蒼とした森の中、一人の少年が軽やかな鼻歌を歌いながら草木の生い茂る獣道を歩いていた。少年はおよそ十代半ば頃か。森の中にあっては見失いそうなほど、生い茂る葉と同色の髪と瞳をしている。小柄な体に相応しい小振りな籠を背負っており、中には道中でとったであろう野草や果物の類が潰れないよう丁...全文を読む

聖剣伝説HOM 小説 『闇の語り』

聖剣伝説3(HOM)

2013.06.30 (Sun)

 注意オリジナル設定や要素が結構強いです。時系列としては2→FF外伝→3(HOM)です。ベルガーが某死神仮面に乗っ取られかけているという前提です。「MOBシステムって、いつ頃出来たんだろう?」ナイトソウルズの皆が集まっての食事時に、ふと疑問が漏れ出た。言ってから、幾人かの視線を受けて、逆にロジェの方が驚く。ただの独り言だったから、このような反応を返されると却って戸惑った。「えーと……。 魔物を操る方法な...全文を読む

前月     2013年06月       翌月

Menu

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。