ドラゴンボール

DB 設定 『攻めと受け度合い』

 ←『短文集』 5 →DB IF 小説 『差異』
当サイトでの攻めと受けの度合いについて。


孫家の男衆は攻め度合いが非常に高いです。
天然鬼畜の悟空、アルティメットで大魔王の悟飯、黒い策士の悟天。
彼らを前にすればサイヤ人の王子や元祖大魔王や次期社長も忽ち受けになります。

孫家はチチを除いて皆攻め度が高いです。(チチは受けが強いです)
攻め度合いとしては悟空を別枠として悟飯→(越えられない壁)→悟天となっています。
悟天はどう足掻こうが、絶対兄に敵いません。悟飯・悟天の話では、悟天は「なすがまま」になります。


C.C家の場合はベジータが受け度合いが高いです。家族内は、ベジータ総受けで固定しています。
悟天が相手では非常に高い確率で受けになるトランクスも、ベジータ相手では攻めに早変わりです。
トランクスでも現代トラと未トラでは未トラの方が攻め度合いが強く、未トラは悟天に逆襲をしかける事だって出来ます。(その場合、悟天は慣れないのか反撃できず流されることもあります)
二人のトランクスによる行き過ぎた攻めの形に、ベジータはドン引きしますが、彼らは一切気にしません。

C.C家の力関係はブルマやブラ、夫人といった女衆が君臨しているという状況です。
ブルマは孫家に太刀打ちできるほど、攻めの度合いが強いです。だからベジータ総受けでの話では、三強(悟空、悟飯、悟空)と渡り合えます。
ベジブル(ややブルベジの傾向が強いですが)では双方の攻めと受けの立場が入れ替わり立ち代りしていますが、対等という位置です
(ベジータはブルマのみに攻めになれるといっても過言ではありません。)


ピッコロは受けの度合いが強いです。
幼少悟飯相手では、攻めになります。けれど悟飯が9歳以降になってからは、攻めの立場から一転して受けに早変わりします。
悟飯は勿論のこと悟天が相手でも、ピッコロには太刀打ちできずに受けになります。


攻め度合いで最強の枠に入るのは悟空とブラです。
誰も攻めという意味合いではこの二人に敵う事は出来ません。
悟飯や悟天も彼ら二人を前にしては、抵抗も出来ずに受けになります。
(悟天・ブラの話では、悟天→トランクスのように悟天に黒さがないの理由はそれです)

パンは極稀に天然攻めでブラに勝つことが出来ますが、それでも普段はブラが圧倒的に優勢です。


これから少しずつ書き足していきますが、主にこの設定で話を書いていきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【『短文集』 5】へ
  • 【DB IF 小説 『差異』】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【『短文集』 5】へ
  • 【DB IF 小説 『差異』】へ