「ドラゴンボール」
DB小説

DB 小説 VB 『とある会話』

 ←火星物語 小説 『最後の晩餐』 →DB 考察もどき 『原作でのブラ』
会話だけですが、それでもいい方のみ、どうぞ見ていってください。


















「ねぇ、ベジータ。あんたって男が好きなの?」
「なっ!何バカな事を言ってやがる!?貴様、どこからそんな考えを…!!」
「だって~あんた、女にはあまり興味を示さないじゃない。ラボでも会社でも、社交界でも凄い人気だけど、あたし以外の女は寄せ付けないでしょう?」
「…………それの何処に不満がある?」
「不満?まさか!あんたも昔言ったでしょう?”一人の女のみを愛せない男はクズ以外の何者でもない”って」
「……そんな昔の話は止めろ」
「なになに?顔真っ赤にして?やっぱり照れてる?」
「…………!!」
「アハハハ、ゴメンゴメン。そんな怒る事ないでしょう?
ただねぇ…ホラ、いつも”カカロット”ばっかり言ってるじゃない。だから、ちょっと心配になちゃって…」
「貴様…たったそれだけで、俺が男色だと疑ったのか?」
「いや…そういうわけじゃないけど…」
「目を逸らすな。人と話すときは相手の目を見るのは基本だぞ」
「…そんな事、あんたに言われるまでもないわよ。というより、どこからそんな事…」
「叔父がよく言っていたからな」
「へぇ、あのすっごい美形だったていう叔父さんが?…随分と教育熱心な叔父さんだったのね…きっと、あんたの教育熱心なところは叔父さんに似たんでしょうね」
「あぁ。目は最も感情や考えが表れやすい場所だから、そこを観察して、相手の思考を読み、その裏をかけと教わった」
「………そういうこと。…その叔父さん、少し屈折してたんじゃないの?」
「屈折していたかどうかは知らないが、凄まじいまでのシスコンだったな。俺の母上…姉に対する執着はガキの俺から見ても異常だった」
「…もしかしてトランクスのファザコンもその叔父さんに似たのかもね」
「何か言ったか?」
「何でもないわ」

「そうそう、何で女に興味がないのか、まだ聞いてないわ」
「…お前が話を逸らせてたんだろう?」
「そうだっけ?まぁ、いいわ。で、何か理由があるの?」
「……女に対して、ろくな記憶がないだけだ」
「え?もしかして、とてもつない方法でフラれたとか?そりゃ、トラウマになるわよねぇ」
「違う!」
「冗談よ。冗談」
「クソッ、笑いながら言うような問題か?」
「そう怒る事ないでしょう?それより何であたし以外の女に興味ないの?」
「……俺の父王は、無類の女好きだった」
「それ、昔聞いたわ」
「ハーレムを幾つも建造して、母上を苦しめ、その誇りを汚していた」

「俺は父王の事を、戦士や王としてなら認めていたが、男としては心底見下していた」
「つまりあんたの女嫌いって、父親を堕落させ、母親を苦しめるからが根本になってるのね」
「…そうなるな」
「よくそんな女嫌いが、あたしに惚れたわね?」
「最初はお前を”女”として見てなかったからな」
「何ですって!?」
「お前は”女”ではなく、”ブルマ”だろう。
そりゃ下品な女だが、それでも俺の嫌いな”女”ではない」


言い訳
ベジータは”女”としてではなく、”ブルマ”として、彼女を好きになったんだということを言いたかっただけです。
性別で判断せずに、彼女自身を見て判断した…そういうのが少しでも伝われば幸いです。
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ 3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ 3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【火星物語 小説 『最後の晩餐』】へ
  • 【DB 考察もどき 『原作でのブラ』】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【火星物語 小説 『最後の晩餐』】へ
  • 【DB 考察もどき 『原作でのブラ』】へ