「火星物語」
火星物語 小説

火星物語 小説 サスクエ 『越えられない…線』

 ←DB 考察もどき 『原作でのブラ』 →『小ネタ(未完)についてのお知らせ』
短編(詩に近い) 暗い話 サスケ視点の二人の関係


『越えられない…線』

……最初から違いなんて分かり切っていた……。
仕える者と仕えられる者。
それだけなら、どんなによかったか……
そう……


あいつは王女で

俺は…護衛


こうして、一緒にいられるだけでも、高望みだろう
それでも、俺はお前と…
ずっと一緒にいたい。


だが、あいつはいつか俺ではない誰かのものになる……
それは変えられない事で…
俺はそれを何も言わずに見送る事しか出来ない……。
それが、俺といつの…一線


もし、その一線を越えて
その手を掴んで

………手に入れる事が出来るとしたら


………でも、もしそうすれば
あいつは悲しんで
……俺は、苦しむ…
だから、それは越えてはならない
………一線。


それでも、去っていく、あいつを見送れそうにない。
………耐えられそうにない。


だから、あいつが悲しんだり、
俺が苦しまない一線がある関係が。
少しでも長く続くように…
今は、それだけを願う。


言い訳
随分と暗い話になってしまったけれど、一応サスケの心中と言うことで

いくら相思相愛でも、王女と護衛じゃ絶対に諦めないといけないだろうなーと。
アンサーは平民出だから、その起源のアロマなら大丈夫かもしれないけれど、200年も経ってたら、無理だと思うし、それを言ったら全ての王族、貴族は平民出になると言うことなので。

クエスが誰かと結婚する前に連れ出せばいいとなったら、クエスがねぇ…。
人一倍国や国民の事を思っている彼女なら悲しむ(その前にサスケを詰る)だろうし、サスケだってクエスの悲しむ姿を見たら、悲しいし、苦しくなる…と思う。
色々と言い合える今の距離が丁度良いということ


これ自体かなり昔に書いた話です。現時点であまりにも火星物語関連が少ないので、恥を忍んででも、UPしなければと思ってUPしました。
今じゃとても恥ずかしくて直視出来ない代物です。

小説というより詩に近いですけど、いつかこれを元にした話を書きたいという目標のため小説のコーナーにUPします。
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ 3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ 3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【DB 考察もどき 『原作でのブラ』】へ
  • 【『小ネタ(未完)についてのお知らせ』】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【DB 考察もどき 『原作でのブラ』】へ
  • 【『小ネタ(未完)についてのお知らせ』】へ