「聖剣伝説」
聖剣伝説3(HOM)

聖剣伝説3 小説 『Insana empress ~another~』

 ←聖剣伝説3 未完 『夢夜』 3 →聖剣伝説 『女神の騎士』 小説 【Opening】
注意
『Insane empress』のもしも、あったかもしれない未来の話です。
あの話はあまりにも暗く、リースが全く救われないので、もしある一点のみが違うだけでも大きく変わっていただろうなと考えた話です。













母に外跳ねの強い癖毛を梳かしてもらいながら、鏡に映る姿を見返す。
一目見れば心を奪われる程の端正な顔立ちの玲瓏たる美少女で、両親とは全く似ていない姿。
鋭く力強い印象を与える切れ長の目が近寄り難さを醸し出し、元から彼女が持つ高貴な雰囲気も相俟って、見る事すらも躊躇われる高嶺の花。
ローラントの珠玉と謳われる程のこの世ならざる際立った美貌。
―本当、誰に似たのかしら?
普段封じ込めている常々の疑問が脳裏を掠めて、目を伏せる。
歴代の肖像画を見る限り母方ではない。では父方か?と思うがそれはありえない。
親類の悪口を言うようで心苦しいが、父方の一族の顔立ちは皆揃って平凡以下だったから。

「ミネルヴァ」
偉大な祖母の名前を与えられた娘が、母を見返す。
「そろそろイーグル達が来る時間ね」
母の言葉に娘が林檎のように顔を赤らめた。
イーグル。亡き前ナバール首領の一人息子で、現ナバール首領の孫。
そして彼女の恋しい人。
「あなたはお姉さんなのだから、あまりイーグルを振り回しちゃ駄目よ」
それは妹に悪戯を仕掛けたことを嗜める母のいつも通りの言葉だった。
それでも何かが胸の内で引っかかり、思わず母の顔をじっと見つめた。
確かに妹と同い年のイーグルから見れば、彼女は姉のようなものだけれど……。
「ねえ、お母様……」
一旦呼吸を置いて言葉を紡ごうとした時、ナバールの使者が来訪した事を告げる鐘が鳴った。
途端に頬を紅く染めて、まだ髪が……と困ったように呟く娘に、リースが愛しむように優しく髪を撫でた。
「大丈夫よ、ミネルヴァ。 あなたはそのままでも十分魅力的よ」
「本当に?」
縋るように母の顔を見つめた。
薄く引き締まった唇なんて、色気は皆無だし。華奢で肉付きのよくない体は中性的な印象さえ与える。
「ええ。だから自信を持って、最高の笑顔でイーグルを出迎えてあげなさい」
その方が彼も喜ぶわと母の言葉に自信を持って、彼女が満面の笑顔を見せた。
娘の笑顔が、今は記憶の中の存在である初恋の人と重なり合った事に眩暈を覚えながらも、微笑み返した。


言い訳
『Insana empress』ではホークアイとの子供を堕胎させられたけれど、この話ではそうならなかったというだけで、それ以外は同じです。
(リースが政略結婚していることや、ホークアイがジェシカと結婚して、若くして亡くなっていることも)
堕胎がリースが狂った原因であり、ホークアイの死が発狂の切欠というのが『Insane empress』の根底にあるので、もし彼との子供がいれば狂わなかったんだろうと考えながら作った話です。

異母姉弟同士の付き合いについてフレイムカーンは母親が違うから問題ないという考えですし、リースはひたすら娘の幸せを願っているので自分達のように恋人同士を引き裂く事は決してしないでしょう。
そしてこの二人が二度と『悲劇』を起こさぬようにナバールとローラント双方を牽制しつつ、娘達を温かく見守っている…という前提の話です。

スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ 3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ 3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【聖剣伝説3 未完 『夢夜』 3】へ
  • 【聖剣伝説 『女神の騎士』 小説 【Opening】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【聖剣伝説3 未完 『夢夜』 3】へ
  • 【聖剣伝説 『女神の騎士』 小説 【Opening】】へ