「聖剣伝説」
聖剣伝説FF外伝

聖剣伝説FF外伝 小説 『伝承と事実』

 ←聖剣伝説HOM 未完 『出会い』6 →『短文集』12
注意
聖剣FF外伝でジェマの騎士ことボガードが介護中の話。
2→FF外伝という時間軸前提です。
オリジナル要素があります。















一人の老人がベッドに横たえられたまま、鋭く覇気のある眼光で天井を真っ直ぐ射抜く。
千年も昔、嘗て「ジェマの騎士」と呼ばれた男は年老いても尚精悍さを失っていなかった。
遥か昔に朽ちている筈の身が残されているのは、偏にマナの恩恵だ。
マナの女性に授けられた力はその身に流れる時間を緩やかに押し止め、長命な種族に匹敵する寿命を得た。そしてマナの力は長寿と共に頑強な体をもボガードに与えていた。
空飛ぶ飛行艇から落とされても尚、死ななかったのは彼の身に宿るマナの加護があったからだ。
しかし命は助かっても、その体は最早満足に動かせなくなった。
世界に危機が迫っている今、戦えぬジェマの騎士に何の価値があるという自虐的な考えが頻繁に頭を掠める。
そうして、グランスの飛行艇で対峙したあの姿を思い出すのだ。
ジュリアスと呼ばれた魔導師の姿を。
雪国のロリマー人よりも透き通る白い肌、痩身な体躯、堀の深い整った顔立ち。諸々を兼ね備えた人物。
それらは滅びた民族の特徴で、ジュリアスは自分達が皆殺しにした民族とあまりにも似すぎていた。
―……まさか、バンドールの末裔か? いや、それはありえぬ。
湧き出た考えをすかさず一蹴するが、それが正しいことはボガードには分かっていた。
どのようにジュリアスが千年も生き永らえたのか分からないが、若すぎる姿から察するに彼のように”生きてはいなかった”のかもしれない。

バンドール。
千年前にマナの力を悪用して世界を牛耳った帝国であるが、その繁栄はマナの女性と「ジェマの騎士」達によって終わりを告げた。
マナの女性が謎の失踪を遂げた後、「ジェマの騎士」達はバンドール人を老若男女問わず処刑した。
処刑と言葉を変えているが、実質的には大量虐殺だ。
使命に燃えて熱狂的に民衆の首を切り落とし、”名誉にならない”幼子や赤子は都市を包む業火の薪代わりにくべていき、多くの者が虐殺を嬉々として行っていた。
そして如何なる伝承すらも何一つとて事実を伝えるものはない。
あの当時はあれを「正義」と信じて、「虐殺」の罪悪感は存在していないどころか愚かにも誇らしく思っていた。しかし今では誇りは消え去り、罪悪感などという言葉では収まらぬほど苛まれている。
千年も経っているのに当時の出来事は鮮明に焼きつき、未だ悪夢として蘇り続ける。そして張本人である「ジェマの騎士」は嘆くことも苦しむことも許されず、ボガードの心は確実に食い潰されていた。

―あの者がバンドールの生き残りならば……。
女子供関係なく数え切れぬほど殺めたバンドールの民だからこそ、ボガードはジュリアスに剣を振るえない。それ故に船で対峙した時には成す術もなく飛行艇から突き落とされた。
散々殺しておきながら今更何を言うと罵られても、最後であろうバンドールの血を流せないのだ。
しかしこのままではいられない。
ジュリアスはマナの樹を利用して、世界を牛耳ろうとしている。
そして……。
ジュリアスの手下という魔物が世界各地を襲っているという言葉が、ボガードを更に追い詰めた。
――同じ過ちを繰り返すか。
嘗て古ヴァンドールがマナの要塞を復活させた戦い。聖剣の勇者が広く世界に知られた事件において当時のヴァンドール皇帝は古の呪術師の力を借りて、魔界と接触しその力を取り込んだ。
そして世界を恐怖の渦に叩き落したが、呪術師の裏切りに遭ってマナの神殿で殺されたという。
―だが、その話もどこまで本当のことか分かったものではない。
血に塗れた「ジェマの騎士」の伝説が”綺麗な話”になっている以上、聖剣の勇者の”お話”も大きく改変されているだろう。
大体、当時から千年以上経ており、ヴァンドールは敗者なのだ。勝者の歴史のみが伝わる世界ではヴァンドールの歴史など正確に伝わっているものか。

ジュリアスを止めなければならないが、ボガードにはそれが出来ない。
ならば、どうするか……。
そこで最後に会った青年の姿が鮮明に浮かび上がった。
マナの娘のためにひたむきに戦っていた姿と、その実力を思い起こして……。満足気に頷く。
―彼ならば………悪くない。
少しの間とはいえ共に戦った青年に一縷の希望を託した。

純粋な英雄として悪を倒す。
そのためならばあの青年が何も知る必要はない。
嘗て「ジェマの騎士」が犯した罪悪も、何もかもを。


言い訳
2の千年後がジェマの騎士達による時代で、その千年後がFF外伝という時系列設定です。


2013/10/6に小説へ移行
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ 3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ 3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【聖剣伝説HOM 未完 『出会い』6】へ
  • 【『短文集』12】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【聖剣伝説HOM 未完 『出会い』6】へ
  • 【『短文集』12】へ