その他

BOF4 お題 小説 『竜の血』

 ←裏部屋 『短文集』 2 →聖剣伝説2 未完 『深層』
注意
パラレルです。














血飛沫を上げて、身重の”皇后”が神皇の亡骸に覆い被さる。
両者共に息がない事を確認してから、拘束されて身動きのとれぬ幼子に視線を向ける。
倒れ伏したまま動かぬ両親の姿に、粗末な着物の”公主”は茫然自失となっていたが、ヨムの姿に焦点が合うと、瞳に光が宿り、力を取り戻していく。
可憐な頬を濡らしながらも父母の仇を睨み返す強い眼光は田舎娘には不釣合いだった。
それはつい先程息絶えた初代皇帝と同じ目。
―……やはり、似ておられるな。
銀の髪と瓜二つの面差しに血の繋がりを察し、母子を人質に神皇の動きを封じた上で、うつろわざるものを殺められる神鉄の剣にてその命を絶った。
後は、幼い”公主”も始末して、神皇の血脈を完全に絶てば終わりだ。
しかし、ヨムにはある算段があった。
これならば、とある種の期待を篭めた眼差しを注ぐ。
”皇子”ならば現政権のために正統な後嗣を殺めたが、子を宿せる”公主”なら話は別だ。
公主の胎を通して本来の皇帝の血を代行王の血と混ぜ合わせることによって、次代の皇帝はフォウ帝国の真の主となる。
そのためには公主の存在は必要不可欠であり、是が非でも生きていてもらわねばならないのだ。
そして、これから先”公主”を待つ未来を考えれば、今からこの程度で現実を受け入れられず、心を壊す弱い娘では話にならない。その点、この少女は幼いながらにヨムの眼鏡にかなった。

「………公主殿を、帝都へお連れしろ」
その命令に兵士達の間に少なからずの動揺が走るも、将軍に異を唱えるものは誰一人とていなかった。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【裏部屋 『短文集』 2】へ
  • 【聖剣伝説2 未完 『深層』】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【裏部屋 『短文集』 2】へ
  • 【聖剣伝説2 未完 『深層』】へ