「聖剣伝説」
聖剣伝説 『女神の騎士』

聖剣伝説 『女神の騎士』 小説 【短い曲の物語】2

 ←聖剣伝説2 未完 『beast』2 →聖剣伝説2 小説 『それは真か、偽りか?』
注意
短文集です。
『女神の騎士』シリーズは独立したパラレルシリーズである以上、『短文集』での分類が難しいので、このような形で分けさせていただきます。
これに限っては聖剣シリーズの曲目を題に140字以内で10個纏めて更新します。
















『壊れゆく世界』
マナが失われ、ヴァンドールという重石がなくなった世界は。
果てなき戦争が繰り広げられる動乱の時代へと突き進んでいく。
(一部と二部の間)

『旅人たちの道』
「デュラン、早く行くわよ」
人力を用いない乗り物に警戒する青年の手を掴んで、魔女は汽車に乗る。
理解の範疇を超えた他国の英知と技術を前にして、青年は早々に考える事を放棄した。
(デュラン)

『未知への飛行』
「いつ堕ちるか分からんものに乗れるか!!」
空は鳥と魔物のみに許された領域だ。なのにこんな鉄の塊が飛べると、皆が信じて疑わない。
―そんなの、どう考えてもおかしいだろ!?
しかし”上民”の仲間達は話を聞こうとしない最下級国の彼に呆れて、もう取り合わなかった。
(デュラン)

『ひとときの休息』
「いや、寄る年波のせいで疲れやすいんだよ」
「はぁ?私より年下の癖に何言ってるのよ」
あんたね、とプリムは少年の苦笑する顔をねめつけた。
衰えを知らぬ若葉が幾ら枯れ葉発言をしても、言い訳にもならぬ戯言だ。
”年下”呼ばわりされたランディは、何処か複雑そうに深々と息を吐いた。
(プリム)

『アナイス王に捧ぐ』
新たなる若き王のために催される酒池肉林の宴を、主役たる少年は冷ややかな蔑視すら伴って眺めていた。
つまらぬ劇に返すのは、小さな欠伸を一つ。
彼が真に欲しいものは”夢物語”に過ぎないが、それでも捧げられるものならば遊び浮かれる道化ではなく能ある鷹が欲しかった。
(アナイス)

『Don't hunt the fairy』
深々と肉を突き刺す音と共に、幼女の上に押し乗っていた老人の体が崩れ落ちた。
「ヒース!!」
血に染まった剣を引き抜く青年の姿に、幼女が悲痛な叫びを上げる。
それから……何があったのか。
奇妙に欠けた記憶の空白は、百年以上経ても半妖精の少女の心を悩ましていた。
(シャルロット)

『愛に時間を』
枝葉が生い茂っているため窓からの見通しは悪いが、目を凝らして友人の姿を見つけた。
観察していると、シークがファウナッハに簪を渡すのが見えて息を呑む。
ナバールで簪を渡すことは、プロポーズと同義だ。
友人達が自分から離れてゆく寂寞と、微笑む二人の顔を見ていられずに、窓を閉ざした。
(ゲシュタール)

『Rolling cradle』
大掛かりな魔法陣の中心に、愛息を優しく横たえた。
時空転送は命の危険と隣り合わせであるが、このまま死なせるよりは万に一つの可能性にかけたい。
―お前がいつかの未来に生きているだけで、私は心置きなく逝ける。
額にそっと唇を落とし、昏々と眠る息子の姿を瞼に焼き付けて、陣を発動させた。
(サンドアロー)

『愛しい面影』
結婚式の最中、ジョスターが隣に立つ”后”の姿を、沈痛な面持ちで見つめる。
奪われた許婚の事を忘れてはいないが、この”茶番”をなくして彼は王になれないのだ。
ミネルバへの罪悪と共に、愛する女性の従兄弟に宿る恋しい影を見続けるのは、この上ない苦痛だった。
(ジョスター)

『大樹の種子』
大きく脈打つ鼓動が二つに重なり、分離してゆく過程で切り離された種子は夢を見る。
母なる温もりの残滓に抱かれ、いつ訪れるか分からぬ目覚めの時を、ただひたすら待ち続ける。
(一部と二部の間)
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ 3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ 3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【聖剣伝説2 未完 『beast』2】へ
  • 【聖剣伝説2 小説 『それは真か、偽りか?』】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【聖剣伝説2 未完 『beast』2】へ
  • 【聖剣伝説2 小説 『それは真か、偽りか?』】へ