「聖剣伝説」
聖剣伝説 『女神の騎士』

聖剣伝説 『女神の騎士』 小説 【短い曲の物語】6

 ←聖剣伝説2 未完 『それは真か、偽りか?』3 →聖剣伝説2 未完 『決定事項』
注意
短文集です。
『女神の騎士』シリーズは独立したパラレルシリーズである以上、『短文集』での分類が難しいので、このような形で分けさせていただきます。
これに限っては聖剣シリーズの曲目を題に140字以内で10個纏めて更新します。




















『森が教えてくれたこと』
濃密な草木の香り、命溢れる空間。
どれもこれも、荒涼たる大地で生きてきたデュランにとって初めての経験だった。
(デュラン)

『熱砂の秘密』
幼い手一杯に救い上げた砂に、そっと囁く。
誰にも言えぬ思いを打ち明けた砂を、力一杯放り投げた。
イーグルの秘密を閉じ込めた砂は、砂漠に溶け込んだ。
(イーグル)

『Obsessin』
王女は怨敵を激しく打ち据え、服も破き、髪を鷲掴みにして、罵倒する。
兄と許婚を奪った妾への激情に駆られた王女は醜くもあり、美しかった。
初めて見る王女の新たな魅力に興奮し、それを引き出してくれた妾に深く感謝する。
(ベン)

『Damn Damn Drum』
愛息の命を奪った淫魔の忘れ形見の泣き声が、悲しみにくれる司祭の神経を殊更苛立たせる。
老いた父にとって、唯一の孫はサキュバスの写し身で、汚らわしい仇だった。
(光の司祭)

『真紅なる竜帝』
己の血に沈む竜帝は、辛うじて生きていた。
「やがて三柱も逝く。 君の血で地獄の露払いをしてやれ」
タナトスが腕を振り下ろし、瀕死の竜にとどめを刺す。
(タナトス)

『神獣召還』
一万年の時を経て、目覚めた神の獣。
嘗て繁栄を誇ったマナ帝国を瓦解させた破滅の獣が、今、解き放たれた。
(神獣)

『立ちふさがる強敵』
屍の中から這い出たロジェに影かかかる。
顔を上げたロジェの心を満たしたのは、恐怖。次に怒りが込み上げてきた。
「悪魔!!」
「大層な呼び名ですね」
妻となる筈だった女性を殺めた反乱軍を滅ぼす。その手段を選ばぬ今のユリエルには、笑い鮫より似合っていた。
(ロジェ)

『Raven』
「見ろ、烏は吉兆の鳥だ」
朗々とよく通る王の声に、騒ぐ者共が静まり、王の言葉を待つ。
「正統なる王家と現王家が繋がるこの場に、烏の群れが訪れるとは何と目出度い!
ファルコン、サンドアロー。 お前たちの結婚はこの上なく祝福されているぞ」
(フレイムカーン)

『おもかげ』
息子と孫は抱き合って眠っていた。
仲がよすぎる二人に苦笑して、孫の頬に手を添える。
――唯一の忘れ形見を、支配国の、三柱の魔手から守り通す。
幼い孫に宿る亡き娘夫婦の面影を、一心に見続けた。
(フレイムカーン)

『モーグリ』
「トラウマ」
「可愛かったじゃない。 ねえ、シャルロット」
「はい! 抱きしめたくなるほど、愛くるしかったです」
「やめろぉ!!思い出させるんじゃねえ!!」
(デュラン)
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ 3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ 3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【聖剣伝説2 未完 『それは真か、偽りか?』3】へ
  • 【聖剣伝説2 未完 『決定事項』】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【聖剣伝説2 未完 『それは真か、偽りか?』3】へ
  • 【聖剣伝説2 未完 『決定事項』】へ