その他

FF4 小説 『秘密』

 ←火星物語 小説 『二週目』 →聖剣伝説3 お題 未完 『Sacrifice』
注意
月の民長寿説です。












朝日が顔を覗かせようかという刻限に、バロン王はいつものように鏡台と向き合った。
鏡に映る己の顔と対面して、最近では悩みの種である素顔を見るたびに憂鬱になる。
頼れる愛妻にしか打ち明けていない秘密は、年を経るごとに重くのしかかっていた。
溜息を一つ吐いて、化粧道具を手にするその顔は、間もなく成人を迎える息子がいるとは思えぬほど若々しい。
バロン王が自分と他者とでは時の流が違うことに気づいたのは、割と早い頃だった。
はじめは推測に過ぎなかったが、30歳手前になって自らの長寿を確信する。
彼にとってそう遠くない未来に愛する人たちと死に別れる定めだと悟ったときには内心荒れたが、妻が寄り添い支えてくれた事で乗り越えられた。
息子が立派に鳴るまで長寿のことは隠し通して、その後は田舎に隠居して、残りの人生を共に歩もうと妻と幾度も語り合ったものだ。
目尻に皺を作り、口元にほうれい線を描き出していく。
老け化粧は彼と妻の二人で試行錯誤しながら編み出してきた。
慣れた手つきで化粧を施してゆく中で、そろそろしみの一つでもつけようか?などと考える。
この年にもなって綺麗過ぎる肌は流石に不自然だと思うのだが、王として見栄えも大事と強く言い返されれば、それもそうかと引き下がるしかない。
そうして最早熟練の域にある老け化粧を終えた時、鏡に映るのは若々しい青年ではなく、貫禄のある壮年の男だった。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【火星物語 小説 『二週目』】へ
  • 【聖剣伝説3 お題 未完 『Sacrifice』】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【火星物語 小説 『二週目』】へ
  • 【聖剣伝説3 お題 未完 『Sacrifice』】へ