未完

聖剣伝説HOM 未完 『閉じた会話』

 ←聖剣伝説2 未完 『タナトスにはまだ遠い』 
注意
私的設定があります。
ペダン、ウェンデルについての捏造があります。
時期的には四話の直後です













ナイトソウルズのコクピット。そこは飛行技師であるジェレミアにとって聖域と呼んでも過言ではない。
いつもは緊張しながらも意気揚々と操縦しているが、今の彼女の表情はどこか暗い。

「ウェンデルに行ったところで、どうにかなるのか?」
ロジェは乗り気だが、ジェレミアには不安と疑念しかない。
「辛辣ですね」
やれやれと肩を竦めるユリエルに、ジェレミアが眉根を寄せる。
「隊長やロジェもウェンデルのことを高く評価しているが、連中は宗教の皮を被って国政にとりつき人頭税を強要する寄生虫も同然だぞ」

国はウェンデルが承認して初めて国家として認可される。
その代わり多額の上納金や政治的介入を受け続けることになる。また民衆にマナの女神の祝福を与えるという名目で、各国から人頭税を徴収している。
ナバールはどちらも拒否しているから公式的に国家として認められない代わりに宗教介入を防いでいる。ペダンはといえば、金は払っているが神官の入国や国政への介入は一切許してない。
しかしビーストキングダムを除く他国では国政にまでウェンデルの神官や関係者が深く介入しており、ウェンデルの意に添った政が執り行われている。
そのような実態を知るジェレミアからすれば、信用しろというのが無理な話だ。

「そんなことは知っていますよ。
ですが獣人差別の根強く残る他の国よりも、まだウェンデルの方がマシです」
「……そうだといいんだが」

「はあ、そんなに信用できませんか」
何を言うのかとユリエルを見る。
ウェンデルは人頭税と上納金に飽き足らず、ペダンの国政にも執拗に介入しようとしている。それだけならばまだ我慢できる。しかしペダン独自の宗教を異教と蔑み、根絶しようとしている。
そんな連中のことなど、とても信用できない。
「私から言わせれば、信頼できて背中を任せられるのはナバールだけだ」
「だからこそ、ナバールは危険なのです」
首を振り、眉根を寄せたユリエルにジェレミアは何を言うのかと訝しげに見る。
「ペダンはかつて世界を牛耳ったといえど今は小国。全世界相手に喧嘩を吹っ掛けるには戦力的に無理があります。
ここだけの話ですがペダン軍は技術力はあっても兵の練度は大したことはなく、MOBシステムも他国に劣るところが多々あります。
このまま戦争を仕掛けるにしても、途中で詰むでしょうね」
「……戦力的に足りない分をナバールに出させるつもりか。
だが、そう事は容易く運ばないだろう」
「何故?」
「オウルビークス氏は思慮深く現実家で、何より頭が切れる。夢見がちで周囲の意見に流されるくせに変に頑固なフレイムカーンと違って、ペダンと手を組むとは考えられない」
「しかし、その彼にも大きな弱点があります」
「弱点?」
「亡き弟バウチャー」
「彼は病死だと新聞に書かれていたが……。その言い方では違うのか?」
「ええ、ナバールとローラントとの休戦協定時に、ローラント側の兵士が彼を殺したのです」
「はあ!?なんだそれは! だったら何故それを隠した!?徹底的に叩けばよかっただろ!!」
「過剰防衛とはいえ賓客を殺したローラント側も悪いですが、そうなるようなことをやらかしたのはナバール側ですからね。自業自得ですよ。
なによりあの事件は、ナバールにとって醜聞以外の何物でもないでしょう」
ナバール側にも全面的にバウチャーが悪いという自覚があり、ローラント側としても一介の兵士が賓客を殺めたという事実は国際的に曝け出したくない。双方共に穏便に早急なる幕引きを図ったのだ。
オウルビークスの気性と弟への溺愛ぶりを考えれば、弟を殺されたのに事件は抹消され、その犯人は罰を受けることなくのうのうと生きている。それを許しがたく思って、ペダンの計略にあえて乗る可能性もある。

「そのわりにはローラントに行って、答え次第ではナバールに行くと?」
「オウルビークスが良識を失っていなければ、勝手な振る舞いをしたペダンを牽制してくれるでしょう。
どちらにせよ、キュカはローラントで下ろすことになりますが」
まあ期待半分でいきますよと溜息混じりに呟く。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
総もくじ  3kaku_s_L.png ドラゴンボール
総もくじ  3kaku_s_L.png 火星物語
総もくじ  3kaku_s_L.png 聖剣伝説
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 未完
もくじ  3kaku_s_L.png 考察もどき
もくじ  3kaku_s_L.png 短文
もくじ  3kaku_s_L.png 裏部屋
  • 【聖剣伝説2 未完 『タナトスにはまだ遠い』】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【聖剣伝説2 未完 『タナトスにはまだ遠い』】へ